この記事は……。

  • 「 きこえのお助け隊」の口コミを知りたい
  • 気軽に補聴器を試したい
  • 身体・交通的事情で店舗に行けない
  • 外出することのリスク(感染症や事故など)を軽減したい
  • 補聴器販売店に定期的に連れていけないご家族様
  • 介護・特養施設の入居者に補聴器をお届けしたいスタッフ

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

 

ちなみに、
補聴器はなるべく早くつけた方がいい理由ってしってますか?
もし、ご存知ない方はまずこちらをご覧になってください。
⇒補聴器を早めに着けた方がいい理由

 

上記のように補聴器についてお悩みがある方は
「 きこえのお助け隊」がとてもオススメです!

 

「 きこえのお助け隊」って何?口コミはどう?

株式会社エヌ・アイ・シーが運営しており、
20年で累計10万台以上の販売実績がある【耳のトラブルのスペシャリスト】なんです!
外出が難しい方のお宅まで足を運び、
補聴器を販売してくれるサービスを展開しています。

 

「きこえのお助け隊」口コミ一覧!

 

「7日間無料貸出」で補聴器を使っていく自信が持てました!!

今までの補聴器は大した調整もできずに苦労していたので、今回も半信半疑で「きこえのお助け隊」に相談に来てもらいました。
普段生活している自宅での測定で調整してもらった補聴器を試したところいつものテレビで音量を小さくしてもはっきり聞こえて感激しました。
ただ、リューマチもちで手先があまり器用でない私がこの先うまく補聴器を取扱いできるか心配していたところ、担当の方から「7日間の無料貸出」で様子を見てはいかがでしょうか?と勧めていただきました。
購入前の7日間で取り扱い方が練習できたことで、すっかり自信をもって補聴器と付き合う気持ちになれて、本当に良かったと感謝しております。


 

 

 

人目を気にせず、自宅で納得できるまで相談できて満足しています。

2年位前から娘に「聞こえないなら補聴器を使ったら」と言われていましたがまだまだ大丈夫と言い聞かせてやり過ごしていました。
最近、知人との会話に“とんちんかん”な返事をして…

 

これは大変と思い補聴器を購入しようと思いましたが、どこに相談に行けばいいか心配だし、
まだ家族以外には内緒にしたいという思いでなかなか決心がつきませんでした。

 

そんな時に娘から「きこえのお助け隊」のご自宅相談サービスを聞きお願いしてみました。
自宅へは専門の人が来てくれて素人の私にはもちろん娘にまで一緒に詳しく説明してくれてとても親切に相談にのって頂きました。
補聴器にも使い慣れ始めて、会合にも迷わず参加できるようになったのは娘の後押しと「きこえのお助け隊」のおかげと感謝しております。
今後のアフターサービスもぜひ自宅でお願いします。ありがとう。


 

 

自宅までいつも来てもらえて助かっています。

御社とは2つ前からの補聴器からお世話になっておりますが、いつも約束の時間に自宅まで来てくれて、補聴器の調整や電池の配達をしてもらって助かっています。
先日も友人の補聴器の相談で約束したところ、時間通りに来てもらった時は友人が「まるで新幹線のように、時間ピッタリで来てくれるんやな」と感心しておりました。
私も米寿を過ぎていつまで補聴器の世話になるかわかりませんが、これからも自宅まで面倒見に来てください。よろしく頼んどきます。


 

「きこえのお助け隊」が口コミがいい理由

訪問販売費が無料!

よくある訪問販売店では訪問販売費として別料金を取ることがあります。
しかし!
「きこえのお助け隊」は訪問販売費はいっさい取りません!

 

 

補聴器の無料貸し出し!

耳は聞こえた方がいいけど、
どんな補聴器を買えばいいかよくわからない。
そんな場合は補聴器を【7日間】無料で貸し出してくれます!

 

返品可能!

気にいらなくても大丈夫。
購入後30日以内なら返品対応をしてくます!

 

補聴器下取り

使わなくなった補聴器があれば下取りをしてくれます!

 

電池が3年間無料!

購入後3年間は補聴器の電池代を無料にしてくれます!

 

補聴器を早めにつけないといけないワケ

言葉の意味が分からなくなる!

難聴の状態が長く続くと言葉の聞き取り力が低下し、
補聴器をつけても「音は聞こえるけど、話している意味がわからない」
という恐ろしい事態になってしまいます。
初期段階なら補聴器をつけることで回復しますが、
深刻な段階までいくと補聴器をつけても意味がない場合があるんです。

 

 

注意力が低下する

車の音や信号の音、沸騰したやかんの音などなど、
危険な音を察知できないがために大事故につながる危険性があります。

 

人間関係が悪化しやすい

耳が遠いと言っていることが分からないので
コミュニケーションが難しくなってしまい、
常にイライラがつきまといます。

 

このような理由から早めに補聴器をつけることをオススメします。
どうしようか迷っている人はまずは「きこえのお助け隊」に自宅に来てもらい、
補聴器を無料で貸し出してもらうことから始めてはいかがでしょうか?

 

 


 

 

フィッティングをしてもらう上で大切なこと

 

補聴器のフィッティングは補聴器ユーザーにとってとても大切なことです。

 

この調整によって聞こえづらくなった耳の助けになるか、それとも引き出しの中で眠ってしまうことになるのかが決まってしまうのです。

 

補聴器を購入した経験がある人のアドバイスを受けたことがあります。

 

そのアドバイスとは「補聴器は購入しないほうがいいよ」というもの。

 

その理由は、2つ。

 

* 聞こえの程度によっては補聴器の金額がどんどん高額になっていく

 

* 自分の耳に合わせることは不可能で聞こえるようにならない

 

この言葉を聞いたわたしが補聴器を購入する前、欲しくないと思いました。

 

だって・・・聞こえるようになることを願って高額な補聴器を購入したのに使えないなんて悲しすぎます・・・

 

補聴器は正しく調整してもらってこそ、耳の聞こえを助けてくれる最高の友達になれるのです。

 

補聴器の試聴期間で最高のフィッティングを得るには?

 

耳硬化症で補聴器が聞こえるようにならないのは、自分の聞こえるポイントに合っていないからだと思っています。

 

分析をしたわけではないので、個人的な考えでしかないのですが・・・

 

耳の聞こえの状態とは、難聴の種類でも難聴のレベルでもありません。

 

聞こえるポイントは十人十色で1人1人異なるのです。

 

伝音性難聴の耳硬化症であるわたしの症状

 

* 耳が詰まった感じがする

 

* オブラートで包まれているかのようなぼやっとした音が聞こえる

 

* 音は小さくなんとなく聞こえるが言葉として聞こえてこない

 

* 聞こえた言葉のところどころは虫食い状態で何を言っているのか判らないことが多い

 

基本的に伝音性難聴は音を届けている途中で障害があるため、音を届けることができないとされています。

 

音を届ける途中の骨に奇形があったり、損傷していたり、硬く動かなくなってしまったりでうまく音が伝わらないのだと病院で説明を受けました。

 

補聴器で音を聞こえるようにするためには大きい音を届けてあげれば聞こえるようになる。

 

そのため伝音性難聴での補聴器装用は効果的だとも言われています。

 

これは、一般的に言われていることですべての人の当てはまるわけではありません。

 

同じ耳硬化症でも出ている症状は異なるからです。

 

調整者に補聴器の調整をする手順を説明してもらいました。

 

1.聴力のデータを補聴器の調整ソフトへ入力する

 

病院から補聴器店を紹介されている場合は、病院での聴力検査のデータ。

 

個人で探した補聴器店の場合は、店舗でしてもらった聴力検査のデータ。

 

このデータを元に微調整をしていくことになります。

 

2.微調整するために聞こえの調査をする

 

聞こえるようにするためには、細かく聞こえる音の高さや聞こえていた場所、聞こえなかった距離などを調査する必要があります。

 

実際に補聴器の調整は、自分の耳に装着したまま調整ができるわけではありません。

 

補聴器にはケーブルをつなげてPCの調整ソフトで音の微調整をし、ケーブルを取り外してから耳に補聴器をつけ、音の大きさや聞こえの確認を行います。

 

この時点では静かな室内での音を聞くことになるため、生活の中で聞いている音とは大きく異なるのです。

 

一度調整された補聴器で普段の生活に戻る必要があり、あらゆる聞こえを自分でチェックする必要があるのです。

 

3.チェックした聞こえの状態を調整ソフトに反映させます。

 

どの高さの音をどの位アップさせるかダウンさせるかという技術的な調整をしてもらいます。

 

この調整の出来具合で、聞こえに違いが出てくるといっても過言ではないでしょう。

 

聞こえるようにするポイント

 

補聴器を使用する者が感じた聞こえるポイント、聞こえないポイントを調整者に細かく伝えることが大切です。

 

また、調整者の聞こえに関しての経験も助けになるだろうと思います。

 

調整にはデータだけではなく、感覚も必要になるからです。

 

いわゆるコツのような技術も大切なのですよね。

 

これぞ最高のフィッティングです。

 

試聴でレンタル出来る期間は通常2週間となっているところが多いようですが、しっかり調整をする期間がとれるかどうかが購入する決めてとなりました。

 

ストレスフリーを手に入れるには妥協は禁物

 

補聴器購入の一番大切だなぁ〜っと思ったのは、補聴器販売者の気持ちです。

 

補聴器は安価な製品ではありません。

 

聞こえない物を購入しても意味がないのです。

 

試聴期間のことや、調整しに行く頻度など。

 

補聴器店では通常2週間の試聴期間は同じ機種で2週間なのか、全体で2週間しかないのか、どのようになっているのかを確認しておくと焦らなくてすみます。

 

わたしは購入前に試聴として聞こえの調整では、店主のご厚意からだいぶ多い時間を頂きました。

 

1週間生活の中で聞こえに関するポイントを確認し、細かく調整をしてもらうということを何度も繰り返し、聞こえがどんどん良くなっているのを確認して納得して購入しています。

 

 

 

耳鳴りのきっかけは難聴から

 

そしてこの耳鳴りが発生している場合の多くの方の共通点として「突発性難聴」があることがわかっています。難聴が起こっているのはまさに「内耳」に原因があるからで、これも日常生活を送っていく中で急に発生したと感じられるはずです。難聴をもう少し深く掘り下げると、内耳の中にある「蝸牛」(かぎゅう)と呼ばれる器官の異常でもあります。この蝸牛の中では「高音を電気信号に変える領域」「中音を電気信号に変える領域」「低音を電気信号に変える領域」という風に、それぞれの領域で担当する音域が決まっています。難聴では全ての音域の音が聞こえにくくなるわけではなく、ある一定の音域だけが明らかに聞こえにくくなるのです。どの音域かは人それぞれですが、「ある音域だけ聞こえにくくなる」ということが耳鳴りの引き金になります。

 

以前はちゃんと聞こえていた「ある音域」の音が聞こえにくくなると、脳はその音域の電気信号をもっとちゃんと感じられるように対応しようとします。するとそこで感覚の異常が起き、その音域に対して過度な反応をするようになってしまうのです。今まで電気信号として送られてきた「ある音域」の音だけ急に送られなくなってくるわけですから、脳にとっては非常事態ですよね。その結果、以前のように電気信号を感じられるようにするため異常なまでに脳が敏感になり、実際には音が鳴っていないのに「音が鳴っていると勘違い」するようになってしまいます。これが耳鳴りなのです。

 

耳鳴りは脳の勘違いとも捉えられる

 

ここまでの話を一度整理すると

 

1・難聴が起きる

 

2・聞こえにくくなった音を拾おうとして脳が敏感になりすぎる

 

3・本当は音が鳴っていないのに、鳴っていると「錯覚する」

 

4・耳鳴りとして脳が音を感じ続ける

 

ということです。

 

周りの人には聞こえていない音が本人にだけ聞こえているわけですから、それは脳の勘違いとも捉えられます。空気の振動として外耳や中耳から伝えられてきた音が、内耳で電気信号に変換されるのが本来の音の伝達です。本来なら電気信号に変換されるべきでない刺激が、電気信号に変換されて脳に伝えられているということでもあります。耳鳴りを治すためには、この脳の勘違いを引き起こす原因を潰していけばいいのです。

 

次の章では、脳の勘違いを引き起こしうる耳鳴りの原因は何なのか?ということについて、深く掘り下げていきましょう。

 

耳鳴りの原因

 

耳鳴りが病気やケガが原因でないとすると、他にどんな原因が考えられるのでしょうか。そこを追究していく上で外せないのが

 

「自律神経の乱れ」

 

という、原因不明の耳鳴りでお悩みの方ほとんどに共通しているポイントです。

 

音を伝える重要な器官である「蝸牛」などを自律神経が直接コントロールしているのではありません。また、自律神経が音を脳に伝えているわけでもありません。それなのに、耳鳴りの原因と「自律神経の乱れ」に密接な関係があります。

 

自律神経の乱れでリンパ液が滞る

 

自律神経という神経は、自分の意識ではコントロールできないほとんどのことをコントロールしてくれています。例えば心臓の拍動や、目から入ってくる光の量の調節、汗による温度調節などです。さらに、血管の収縮や拡張といったコントロールにも関与しており、耳鳴りに関してはここが特に重要になります。

 

空気の振動として伝わってきた音を電気信号に変えるための「内耳」に位置している「蝸牛」(かぎゅう)という渦巻き状の器官は、内部にリンパ液が充満しています。このリンパ液は蝸牛が正常に機能するために必要な液体で、蝸牛周囲にある毛細血管からリンパ液の補充と交換を行っているわけです。この毛細血管も当然自律神経によって収縮や拡張などの動きをコントロールされています。それが何らかの理由で自律神経が乱れて機能しなくなると、蝸牛周囲の毛細血管も収縮や拡張が上手くできなくなり、血液やリンパ液の巡りが悪くなります。その結果、蝸牛内部のリンパ液の補充や交換といった「出し入れ」が上手くできなくなり、蝸牛の機能にも悪影響を及ぼすのです。

 

自律神経が乱れたことで蝸牛内部にリンパ液が増えすぎるなどの異常が起きると、特に低音領域での電気信号変換作業が出来にくくなると言われており、耳鳴りの原因に繋がります。

 

耳鳴りが、「疲れてきたりストレスが溜まったりしてくると悪化する」というケースも多いですが、それはこの自律神経との関連が深いからなのです。

 

自律神経の乱れは首からくる

 

それでは、蝸牛内部のリンパ液の量に異常をきたす「自律神経の乱れ」というのは何が原因で起こるのでしょうか?精神的なストレスももちろん関係しているはずですし、気持ちにも影響されます。しかし、実は自律神経の乱れを起こすのは精神的な要因だけでなく、肉体的な要因もあります。それが

 

「首の過度な負担蓄積」

 

という要因なのです。

 

更新履歴